むちうち症

こんなことでお悩みではありませんか?

  • 病院で骨には異常がないと言われた
  • レントゲンやMRIでは問題ないのに痛みがでてきた
  • 医者の先生に痛みを訴えても具体的な治療がない
  • 治療ではなく痛み止めの薬を出された
  • 首の牽引を続けているが良くなっているのかわからない

交通事故によるむちうち症の痛みとは?

交通事故のむちうち症の痛みは、痛み止めの薬で痛みを止めても治りません。その痛みは、筋肉、靭帯の炎症、腫れから来ており、適切な治療が必要です。

痛みを放置すると、首とそれを支える周りの筋肉の硬直から、首の痛みや肩のコリ、頭痛、ひどい場合は手のしびれと症状が広がり後遺症となってしまう可能性があります。

当院でできる交通事故治療とは?

交通事故のむちうち治療が難しいと言われる理由には、診断の難しさ、治療の難しさ、と治療に関する点。さらに、保険や賠償などの制度が複雑で分かりにくいことが、迅速で適切な治療が必要なむちうち治療の妨げになっている点があげられます。

そんな、むちうち症の初期症状、また残ってしまった痛みに対しても後遺症を和らげ、本来受けられるべき補償・賠償への対応と合わせて、元の身体を取り戻すために多くの実績と経験による治療プログラムにて患者さんの悩みにお応えします。

交通事故のむちうち相談での当院では、診断から治療、治療環境、交通事故に関する相談すべてに対応するアフターフォローまでを一つにして、ここにさえ来ていただければ、治療およびその他のお悩みにもすべて対応できる交通事故専門のむちうち症治療をご用意しています。